うつを予防し、心を強くする食事の基本


“食”は、人間の心身に大きな影響を及ぼします。 
 
摂取障害だった私と妹は太りたくない一心で、誤ったダイエット方法をしていました。
 
「体重を増やしたくない、だったら食べなければいい、食べたら吐けばいい」
 
そう思って極力食べないようにしました。私は大好きなチョコレートだけを三食食べていまし、妹は満腹感が得られるようにダイエットコーラを水分補給と食事代わりに摂っていました。私たちの心の病は、この食の乱れから始まったと言っても過言ではありません。
 
そんな私は妊娠・出産をきっかけに、自分の食事を改めることにしました。
 
当時は単純に
「チョコレートだけじゃ子供に悪影響だろうな」

と思い、出産前後の身体に良いものを本やネットで調べて摂取するようになりました。産後は良い母乳を赤ちゃんに与えたかったので、母乳育児の本を沢山読みました。離乳食も沢山本を買い込んで勉強し、仕事をしながらもほぼ全て手作りしました。

 

まともに料理をしたことのなかった私が、子供のためには必死でやりました。そんな風に勉強しているうちに、今までの私の食生活がどのくらい自分の心身に悪影響を及ぼしていたかに気付きました。

 

例えばチョコレートだけの生活を送っていた私は、ビタミン類とミネラルが不足していたことに気づきました。ビタミンとミネラルが欠乏すると、人間の行動に悪い影響を及ぼします。ビタミンの不足はうつ、不眠症、気分の動揺、無関心、無感動、神経過敏、興奮しやすい、記憶障害などを引き起こします。またミネラルが欠乏すると多動、うつ、混乱、情緒不安定、疲労を引き起こします。またたんぱく質も美容と健康には必要な栄養素です。

 

また私が過剰摂取していた糖分も実は心身に悪影響を及ぼします。
糖分は体内で分解される時にビタミンBを浪費します。ただでさえ足りないビタミンが糖分によって更に使われてしまいます。また糖分はカルシウムの吸収を阻害します。これもまたただでさえ不足しているミネラルが 糖分によって身体から流れていきます。それから砂糖は血糖値を急激に上昇させて私たちの身体を低血糖状態にします。その低血糖状態が繰り返されると人格変化、記憶障害、精神病様症状なども引き起こします。
 
食生活の改善無くして、向精神薬を飲んだところで、心の病は治るでしょうか?

先ずは正しい食の知識を身につけて、食習慣を変えるだけで心の状態はかなり改善するはずです。 今は食事が楽に簡単に、手軽に摂れるようになりましたが、その弊害は必ずあります。キレる子供や集中力がなく落ち着かない子供達…お砂糖たっぷりのお菓子やジュースを過剰摂取して いないでしょうか。今は調味料にもたっぷり砂糖が入っています。
 

そこでとても簡単な心を元気にする食事があります。それは“まごわやさしいこ”の食材を取り入れること。

 

ま=豆類

ご=ごま

わ=わかめ(海藻類)

や=野菜

さ=魚(魚介類)

し=しいたけ(キノコ類)

い=いも類

こ=米

 

先ずは気張らずにご飯に納豆、あとは全ての具材を味噌汁にしてしまう。ごはんは炊飯器に任せれば良いですし、納豆はスーパーで手軽に購入できます。味噌汁だけは自分のために毎日作ってください。

 

摂取障害の時は中々食が進まないかもしれませんが、食べられるときに食べられる量を摂っていくようにしてください。
 
毎日ファーストフードばかり、お菓子ばかりではなく自分の体のためにたった一つでも毎日行動をすると、一年後大きな成果が見えるはずです!


うつを遠ざけるために避けたい食品


“トランス脂肪酸”って聞いたことありますか?

 

トランス脂肪酸はマーガリンなどの加工油脂やスナック菓子、インスタント食品、牛などの動物の肉などに含まれる脂肪酸の一つです。加工油脂の場合、製造過程の中で副産物としてトランス脂肪酸が発生します。

 

このトランス脂肪酸は私たちの細胞膜に直接悪影響を及ぼします。細胞膜は細胞内の老廃物を排泄や情報伝達を行っており、私たちが健康を保つためにとても重要な役割を担っています。
 
その細胞膜は脂質で構成されているのですが、トランス脂肪酸が入りこんでしまうと細胞膜の構造や働きが不完全になってしまうそうです。欧米ではトランス脂肪酸が規制されていますが、日本では今現在規制されていません。
 
欧米の食生活に比べて、和食はトランス脂肪酸の摂取は少量かもしれませんが、欧米化した食生活を送っている人にとって、このトランス脂肪酸の正体や悪影響を知らずに、食し続けていると大きな悪影響を受けてしまいます。トランス脂肪酸は生活習慣病を引き起こすだけでなく、メンタルや美容にも非常に悪影響を及ぼします。
 
アトピー、アレルギーを悪化させますし、スペインの研究チームによるとトランス脂肪酸を多く摂取した人では、摂取しなかった人に比べて、うつ病になるリスクが最大48%も高かったという結果が出ているそうです。

 

理由もなく無性にイライラする、不安感がある、やる気が出ない、などの状態が中々解消されない場合、脳がトランス脂肪酸の影響も受けているかもしれません。
 
トランス脂肪酸は、具体的にはマーガリン、ショートニングを含むパンやケーキ、ドーナッツ、クッキー、スナック菓子など、生クリーム、コーヒーに入れるフレッシュなどに含まれます。また手軽に安くおいしく食事ができることからつい依存してしまうファーストフードやインスタント食品にも多く含まれています。
 
うつ病やパニック障害を治療していく上ではこのトランス脂肪酸は控えた方が良いです。

 

反対に良質な亜麻仁油やオリーブオイル、青魚の油は心身に良いと言われています。
 
私がうつ病、パニック障害がひどかったころは確かにトランス脂肪酸をかなり多く摂っていました。一番はコンビニで購入した菓子パン、チョコレート菓子ですかね。きちんとした食事は何年も摂っていなかったので食生活はとても荒れていました。
 
トランス脂肪酸の存在を知ってから、極力摂らないようにしています。
 
トランス脂肪酸が含まれる食品を避け、良質な油を積極的に摂取することで心身が整ってきます。ぜひ取り入れてみてください。