おすすめセラピー・療法


私が初めて精神病院に行ったのは大学生の時でした。
 
このころから症状が始まったわけではなく“私はうつ病かもしれない”と自分で自覚し始めたころでした。私は小学生の時から自殺願望が強く、中学生から摂取障害とアームカットが始まりました。大学生でさらに症状が出始めて不眠、オーバードーズ、幻覚、幻聴が現れ始めました。
 
初めての受診で薬を数種類もらいました。飲み切ってからもう病院にはもう行きませんでした。私なりに病院や薬が自分の根本的な闇みたいなものを癒してくれるとは思えず、それ以上にどこか自分の居場所を探していたように思います。
 
二回目に病院に行ったのは20歳を過ぎて父の介護をしていたころでした。やはり摂取障害、自傷、オーバードーズ、不眠、うつ状態がひどくなり、さらにパニック障害の症状も出てきて仕事に行けなくなっていました。その病院では3種類から始めって、最後は一日に10種類以上の薬が処方されました。安定剤、抗うつ剤、抗精神病薬(統合失調症の治療薬)、睡眠薬、痛み止め、整腸剤、等。
 
廃人のような生活になり、自殺未遂、妊娠・中絶、事故、怪我…
薬で人格が奪われている間に怖いこと・悲しいことがたくさん起こりました。
 

その後断薬し、 怠くて動かなかった身体が動くようなり、意識もはっきりするようになり、
自殺願望が消えていきました。そのような経験から
 
薬での治療ではなくてほかの治療法はないのだろうか?
 
心が病んでいる時に強い意志も持てないし自己管理も難しい、その状態で10種類も薬を本人に渡すだけの治療っておかしくないか?
 
純粋に疑問が起きました。それから私の“薬なしのうつ病治療”の旅が始まったのです。食事療法やアロマテラピーもその一つですが、他にもたくさんのセラピーや療法を試してみたので、そのレポートをまとめたいと思います。

 

 

 


カウンセリング体験