ヒーラーが陥りやすい不調を防ぐ5つの対策法


 

人間関係の問題は古今東西尽きないものです。

けれど、多少問題あっても穏やかな人間関係を築いている人もいれば、逆にいつも人間関係のトラブルが尽きない人もいます。

 

それは「類は友を呼ぶ」、「波長の法則」で、同じ波長をもった者同士が引き寄せられて現実が創造されるからです。

 

だから自分の周りの人は自分の鏡ということになります。

 

 

 

けれどヒーラーは別です。ヒーリングやセラピーを必要とする人がヒーラーの元に集まってくるからです。たとえば、

 

 

お医者さんや看護師さんは、ケアが必要な人を

保育士さんはお世話が必要な子を

介護士さんはサポートが必要な人を

リラクゼーションサロンのセラピストは疲れた人を

カウンセラーはカタルシスを必要とする人を

 

 

受け入れることを仕事としています。

 

 

純粋な気持ちで人を助けるヒーラー。必要な人が送られてくるため、

「絶対自分が何とかする」

という気持ちは手放して、結果は神にお任せしてください。

 

 

このようにヒーラーはエネルギーを使いますので、疲弊しきって、誰も受け入れられなくなってしまわないように、普段から気を付けてほしいことがあります。

 

 

 

 

1.いつも波動を高くしておくこと

 

心配

不安

妬み

怒り

私利私欲

 

これらの感情で一杯になってしまうとマイナスの念を引き寄せてしまい、サイキックアタックに遭いやすくなってしまいます。いつも楽観的で堂々といるようにしましょう。

 

疲れが溜まると上記のようなネガティブな感情が溜まりやすくなるので、自分自身のケアも意識的に行ってください。

 

 

 

 

2.第4・5チャクラを満たす

 

ヒーラーは第4・5チャクラの不調を起こしやすいので、気を付けてください。

 

第4チャクラ(心臓のチャクラ)

【問題を抱えているとき】

・共依存

・愛しすぎる

・拒絶を恐れる

・うつ病

・呼吸が浅くなる

 

【調和が取れているとき】

・無条件の愛

・ポジティブ

・心を開く

・自分と他者を許すことができる

 

【対応してくれるツール】

・ローズ、ベルガモットなどの精油(希釈して胸に塗る)

・塩にキャリアオイルまたは蜂蜜を入れてペースト状にしたものを胸に塗る

・ローズクォーツ、エメラルド、翡翠など

639Hz

 

 

第5チャクラ(喉のチャクラ)

【問題を抱えているとき】

・喉の不調

・一人よがり、傲慢

・自己表現ができない

・完璧主義

・創造力の欠如

 

【調和が取れているとき】

・心の中を言葉で自由に表現できる

・真実を語る

・芸術的

・他者の目を気にしすぎない

・コミュニケーションが取れている

 

【対応してくれるツール】

・カモミール、ミルラなどの精油(希釈して首の付け根中央部に塗る)

・ラピスラズリ、ターコイズ、アクアマリンなど

741Hz

 

 

 

 

3.グラウンディングを心がける

 

第4、5チャクラの不調は、他のチャクラにも影響を与えます。

 

たとえば第1チャクラに関わる、グラウンディングが外れてしまいます。

 

グラウンディングとは「地に足をつけ、今をしっかりと生きること」。グラウンディングができていないと、過去の罪悪感や後悔に苦しんだり、まだ起きていない未来のことをあれこれ悩んだり不安になったり…今を生きることができません。

 

瞑想をして、自分の軸がしっかりと大地と繋がっているイメージを持ちましょう。

 

 

 

 

4.「受け取る」ことも大切

 

ヒーラーは優しい心で「与える」機会が多いです。中には与えることは得意だけれど、「与えられる」ことが苦手な人もいます。

 

でもこの世は、与えるばかりでも成り立ちません。愛を与え、受け取る循環があって地球は成長してゆきます。

 

「与える」ことも大事だけれど、身近な人の優しい愛が巡ってきた時は躊躇せず受け取ってくださいね。

 

また自分一人でどうしても解決できない時は、頼ることも大事です。ヒーラーだから、人に頼ることがないと思ったら大間違い。お互い癒し合えるヒーラー仲間がいるといざという時に安心かもしれません(^-^)

 

 

 

5.謙虚な気持ちを忘れない

自分に誇りをもって志事をすることはとても素晴らしいことです。

けれど人と人との間に上下はありません。

 

「自分は偉い」

「自分は正しい」

 

そう思い込んで、人を見下したり、学ぶ気持ちを忘れたりしてはいけません。

謙虚な気持ちを忘れず、日々気づきと学びを大事に過ごす姿勢でいましょう。