カウンセリング体験

カウンセリングって効果があるの?

カウンセリングってどんな人が受けるの?

カウンセリングってどんなところで受けられるの?

どんなカウンセラーさんを選べばいい?

 

カウンセリングを受けたことのない人にとって、カウンセリングを受けるのって勇気がいりますよね。

 

そこで、私が初めてカウンセリングを受けたときのことを書いていきますね。カウンセリングに興味がある、受けてみたいけど躊躇している、という方の参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーサイト

カウンセリングを受けたきっかけ

私がうつ病の時、病院での治療以外で初めてチャレンジしたのはカウンセリングでした。

正直、カウンセリングってあまり良いイメージがありませんでした。

 

“値段が高い”

“続けなきゃいけない”

“カウンセラーに上から目線で偉そうなことを言われそう”

 

医師や周囲の人に勧められても、私は中々カウンセリングを受ける気になりませんでした。

 

うつ病とパニック障害がつらい中で、生活のために水商売をしていたのですが、抗うつ剤や安定剤を飲みながらの勤務で、お客さんや同僚の女の子から

“ろれつが回らない、支離滅裂で頭がおかしい”

とよく苦情を言われました。本当に辛い辛い状態でした。

 

・毎日朦朧としている

・でも眠れない

・急に死にたくなる

 

毎日そのような症状で苦しんでいた時のことです。通勤中、雑居ビルに『心理カウンセリング』の看板が掲げられているのが目に止まりました。その雑居ビルの中にあるカウンセリングルームに私はふらっと入ってみたのです。

 

そこには年配の優しそうな男の先生が一人いました。初めてその先生に会って話した時、私は何を話したかもう覚えていませんが、とても心強く感じたこと、気持ちが楽になったことはとてもよく覚えています。

 

それから私は週に一回、70分カウンセリングを受けることにしました。毎回その先生に一週間何があったか、ただ話すのです。

 

先生はいつも変わらず優しい雰囲気でただ私の話を聞いてくれました。はじめは半信半疑だった私も、しばらく通ううちに自分の心が楽になっているのを実感できました。

 

それまで私は信頼して誰かに自分のことを話す経験がありませんでした。生い立ちやつらかったことなどを、人に隠していたわけではないのですが、話す習慣が私にはなかったのです。でも先生に話すうちに、自分の中で理由もなく混沌として苦しかったものが整理され始めてちゃんと感情に理由がつくようになりました。

 

だからそれまで

泣いたり、イライラしたり、憂鬱になったり、死にたくなったり…

自分がどうしてそうなってしまうのか、自分でも理由がわからずにいました。

なんとなくそんな感情が湧いてきていると思っていました。

 

カウンセリングを受けることで

なんで今自分はこんな気持ちなのか

がちゃんとわかるようになったのです。

 

先生のおかげで私の心が少しずつ溶けていくのがわかりました。あの時のカウンセラーの先生には今でも本当に感謝しています。先生が命の恩人だって言っても過言ではないですね。

 

私がカウンセラーになろうと思ったのも、この先生の存在がすごく大きいと思います。

 

 

 

カウンセリングで得られた効果

重度の心の病に陥る人に共通していることは

 

“幼少期から自分の感情を思いのままに出してこれなかった”

 

という背景があるように思います。

 

もっと甘えたい

怖いからそばにいてほしい

悲しくてもっと泣きたい

悔しくてもっと怒りたい

 

子どもの時は、誰もがそんなふうに思うことがありますよね。

 

親に悪気は全くないけれど、親が忙しそうにしていたら子供は自然に我慢してしまいますし

兄弟が多ければ我慢する機会も増えます。

 

男の子なんだから~女の子なんだから~

なんて言われて我慢することもありますよね。

 

ひどいと虐待されていたり、いつも両親が喧嘩をしていて、日常的に自分の感情をうまく出せないことがあります。

 

そうするとインナーチャイルドがずっとずっと大人になっても泣いたままの状態。

 

そのインナーチャイルドがどんどんネガティブな感情の衣をまとってしまって、いつの間にか自分は何で怒っているのか悲しいのか満たされないのか分からなくなってしまう。

 

ある時心が限界にきてプッツン!ってなるんですよね。

 

 

私も今思うと、本当にそんな状態だったと思います。

 

カウンセリングを受けることは

無駄な衣を一枚一枚脱いで、本当の自分を見つけて向き合う

そんな作業でした。

 

 

私は週に一回通うことを三か月位続けて、その後は二週間に一回、合計で半年ちょっと通ったと思います。以後、単発で行く感じになりました。

 

カウンセリングは保険が効かないので、一回70分¥7000円くらい払っていました。マッサージのもみほぐしみたいな感覚でした。もちろんお金がかなりかかるので、他のことは一切できませんでした。

 

私の場合は友達と遊ぶことも、洋服その他趣向品を買うこともあまりなかったので、カウンセリングでの心のケアだけにお金を使っていました。

 

 

 

 

カウンセリング失敗談

はじめに通ったカウンセラーさんはとっても良かったんです。というか私にとって相性が良かったと思います。

 

通い始めてからとても調子が良くなったので、しばらく行かなくなりました。

 

行かなくなってからしばらくして私は引越しをしました。引越し後、妹が亡くなったり、産後うつになったりして、またうつ状態に陥ってしまい、私は再び病院とカウンセリングに通うことにしました。

 

近所に、心療内科クリニックと併設のカウンセリングルームがあったので、そこに通うことにしました。ホームページには薬を極力使わないで治療することがうたわれていたのですが、実際はかなりの薬の量が出ました。また廃人生活に戻るのが怖くて、その薬を飲まずにカウンセリングだけを受けることにしました。

 

でも、その併設のカウンセリングルーム、全然予約が取れないんです。

しかも、数人在籍しているカウンセラーさんの熟練度・人気度によって金額が異なり、数回セット一括お支払いしないと予約が取れないシステムだったのです。

 

要するに、カウンセラーさんと個人契約する感じでした。

 

それで、いつでも予約取れるカウンセラーが新人さんで、金額も安いと言われました。ワンサイクル後、他のカウンセラーさんに空きが出れば、契約更新時に変えても良いらしいのですが、なんだか半ば強制的にその新人カウンセラーと契約をさせられてしまいました。

 

心身ともに元気な今なら、色々しっかり交渉したりお願いできたと思うのですが、付き添いもなく一人うつ状態での出来事だったので、言われるがまま契約しました。

 

10回セットで4万数千円払いました。

 

でもそのカウンセラーさんと私、全く合わなかったのです><

 

まず、新人で同性、年齢が近かったのも良くなかった要因だったと思うのですが、信頼して気持ちを話せなかったんですよね…歴代の彼氏の特徴や、なんで今の仕事に就いたのかなどを言わされたりして、なんとなく見下されている感じがしてしまったのです。

 

二回通ってどうしてもカウンセリングルームに入れなくなってしまいました。

カウンセラーさんを変えてほしい、もしくは解約してほしいとお願いしたのですが、叶わず止めることにしました。

 

このようなことがもし初めてのカウンセリングで起きてしまったら、その後絶対カウンセリングなんて受けたくなくなっちゃいますよね(^-^;

 

なので、参考までにカウンセラーさん(カウンセリングルーム)を選ぶポイントを書いておきますね。

 

 

 

カウンセラーを選ぶポイント

1.はじめに担当してくれるカウンセラーさんとの相性がどうか試せる

はじめから数回セットで解約不可の場合は控えた方が良いです。単発で何回か受けて、合えばお得なセットにしたり、契約して予約を確実に取れるようにした方が良いです。
2.安心して話せる人柄かどうか
カウンセラーはきちんとトレーニングを積んだプロです。だけど相性は絶対にありますからね。いくらベテランさんであっても、“この人は生理的に無理”と思ったら止めてください。
3.恋愛に発展しない人
“カウンセラーはプライベートでクライアントさんと接しない”これはカウンセラーのトレーニングを受けた人は必ず守ることです。だからクライアント側の私たちが気を付けることではないのかもしれないけれど、一応お伝えします。
やはりカウンセラーには心を開いていきます。定期的に合い、自分の心に寄り添ってもらえば恋愛感情が全く芽生えないとは言い切れません。カウンセラーに恋愛感情を抱いてしまっても、その恋は余程のことがない限り、実りません。失恋なんてことになったら、それこそ継続して通えなくなってしまいますし、カウンセリングの効果も得られないと思います。
4.料金で決めない
クライアントにとって、料金が安ければ通いやすくなります。でも相性もわからないカウンセラーを安さで選ばないでください。逆に雑誌やSNSで大きな話題となったカウンセラーで高額な料金の人が必ずしも自分にも合うとは限りません。
これを読んでくださっている方の中にも実際カウンセリングを受けての感想がある方もいらっしゃると思います。ぜひあなたの体験談も教えて下さい!体験談、この記事のご感想などありましたら教えて下さいね(^^)/
もしくは下プロフィール下にあるメールフォームに書いてください(^^)

スポンサーサイト