金運と仕事運が上がる兆候とは?


皆さん、“金運が上がる”“仕事運が上がる”という言葉にどんなイメージがありますか?

 

たとえば金運なら、

・宝くじが当たる

・遺産が入る

・昇給する

ですかね。

 

仕事運はどうでしょうか。お勤めの方なら

・昇進する

・新しい企画を任される

・自分の出したアイディアが採用される

 

自営や水商売の方なら

・お客さんが増える

・自分(自社商品)のファンが増える

 

でしょうか。

 

 

運が良い人は、自分に巡って来たチャンスをきちんとキャッチして生かせる人。そのチャンスは、はじめはとっても小さいものです。だから見過ごしてしまう人がとっても多いのです。まずは金運からその兆候をお話ししますね。

 

 

 

金運の兆候は小さくて温かいもの


金運=大金が舞い込むイメージが強いかもしれませんが、金運が上がる兆候は、突然大金が舞い込むものではありません。

 

宇宙の法則でお話すると、誰かがあなたに野菜やお米、お菓子を持ってきてくれたら、それは金運が上がる兆候です!\(^o^)/

 

相手の方がなぜあなたに贈り物をしてきてくれたかというと

 

・いつもありがとう

・いつもお世話になっています

・いつもがんばっているね

 

という温かい気持ちを含んでいます。

 

「そんなの社交辞令だ!くれて当たり前だ!」

 

なんて思ってしまったら、せっかくの金運を落としてしまいます。自分への贈り物と温かい気持ちをちゃんと真心で受け取ることで、金運はどんどん上昇していきます。

 

 

宝くじで大金が当たった後、良くないことが起きるという話をよく聞きますね。それは金運を受け取る心の準備ができていない人が、ある日突然大金を受け取っても、金運に大事なエネルギー循環ができないで、浪費して終わってしまうからなのです。(『金運を上げる方法』も併せて読んでくださいね)

 

 

何でもそうですが、金運も一気に上がったら一気に下がります。でもコツコツ上げたものは簡単には下がりません。

 

 

 

仕事運の兆候は‟お願いされる‟


仕事運が上昇する兆候としては、‟お願いされる”ことが多くなります。お願いされるということは

 

「この人に任せれば大丈夫」

 

という信頼感がある証拠です。お願いされたら、とりあえず引き受けるようにしていると、大きな仕事に繋がるようになります。

 

自分のやりたいことがスムーズに運ぶときと、何となくスムーズにいかなくて問題が起きてしまうときがあります。「神様がまだ時期じゃないって言っているのかなぁ」という感じですが、やはり以前から自分のやりたい方向での信頼関係がちゃんと築けているか、そうでないかがすごく大きいです。

 

 

逆に自分がよくお願いされることが、天職に繋がっていることもよくあります。

 

いつも何となく立候補しなくてもリーダー役に抜擢される人

一緒にやろうよ、と誘われる人

ぜひあなたにやってほしいの、と頼まれる人

 

きっと仕事もできる人だけど、それ以上に人柄も素晴らしい人ですよね。

 

 

 

金運にも仕事運にも共通することは


・人からの信頼を受けている

・自分のやるべきこと、得意なことが分かっていて、それに集中している

・小さなこともコツコツとやり続けている

・心が安定している

 

金運も仕事運も高い人に共通していることです。

 

これができていない人がいくら金運グッズを身につけても、金運はつかないし、仕事運も上がりません。

 

 

これは金運や仕事運だけに限らず、宇宙銀行に徳の貯金をすることにもなります。三代前のご先祖様の影響を私たちは濃く受けているといいますが、自分たちが徳を積めば、三代後の子孫に良い影響を残すことができます。

 

 

“運”とは、広い視野で見ていくと、実はとてもシンプルなことでもあります。運を上げようと思って必死になればなるほど、視野が狭くなってしまうので、一度うまくいかなくて仕様がないものは一旦手を止めて、広い視野を持つとアイディアが生まれるかもしれません。